無料相談

サロン店舗内装・設備リース

このようなお悩み
ありませんか?

  • 新規店舗の設備導入費用を抑えたい…新規店舗の設備導入費用を抑えたい…
  • TV・雑誌で話題になった今、一気に多店舗展開したい…TV・雑誌で話題になった今、一気に多店舗展開したい…
  • 運転資金を手元に残して開店したい…運転資金を手元に残して開店したい…
  • 銀行の融資は手間も時間ももったいない…銀行の融資は手間も時間ももったいない…
  • 成功させるスキルは既にあるのに資金がない…成功させるスキルは既にあるのに資金がない…
  • 資金さえあれば出店したい物件があるのに…資金さえあれば出店したい物件があるのに…
  • 月々のコストを一定にして経理事務を軽減したい…月々のコストを一定にして経理事務を軽減したい…

ご安心ください!
「内装・設備リース」で
スピーディで効率的な
出店のご支援、ご提案が可能です。

「内装・設備リース」
とは?

内装費の分割払いや設備リースの導入で
初期費用を圧縮!開店後の管理も合理的!

月々一定額のリース料でスピーディに器具・設備等の導入が可能になります。
さらに、手間のかかる減価償却費の計算、固定資産税の申告・納付、動産総合保険料の支払等の管理事務の手間も省けます。
また、出店に大きなウェイトを占める内装費も分割払いにて対応可能です。詳しくはお問合せください。

内装・設備リリースのシステム内装・設備リリースのシステム

「内装・設備リース」のメリット

出店初期費用の圧縮

設備費用や工事費用を一括で支払う場合に比べ、分割払いとなることで出店時の初期費用を格段に低く抑えることができます。

手間のかかる管理事務の削減

手間のかかる減価償却費の計算、固定資産税の申告・納付、動産総合保険料の支払等の管理事務の必要がなくなります。また、リース料は月額固定ですので、月々のコストも正確に把握できます。

内装・設備リースの
よくあるご質問

Q.クレジット、リースを利用するメリットは?
A.大きなメリットとして設備導入の際の投資費用として、多額の資金を用意しなくて良いことです。また、月々一定の支払いになるため資金を有効活用できます。
Q.クレジット(割賦)とリースの違いは?
A.大きな違いとしては、所有権が誰のものであるかという点です。割賦の場合には完済すると、所有権はお客様に移転します。リースは所有権がリース会社にあり、基本的に移転することはありません。
Q.どのような物件がリースの対象になりますか?
A.美容器具やエアコンなどの設備、いわゆる動産がリースの対象となります。
なお、店舗の内装は動産ではないため、内装費はクレジット(割賦)でのご契約となります。

出店を検討しているが、資金繰りや希望物件が見つからず悩んでいませんか?サロンまるごとサポートが力になります!

  • お電話でのお問合せ
  • 03-5758-1175
  • 受付時間|10:00~18:00(土日祝日除く)

無料相談のお申し込みはこちら無料相談のお申し込みはこちら

PAGE TOP